あんなことこんなこと
「無名作家の日々」とでもいうべき欄です。
私生活については原則として触れないことにいたします。同人誌等の関係者の記述をする場合
にあっても、出来得る限り御迷惑にならないように心掛けるつもりでおります。


 2016年12月までの分は→ NO8へ 
2015年12月までの分は→ NO7へ
       2014年12月までの分は→ NO6へ
2013年12月までの分は→ NO5へ
2012年12月までの分は→ NO4へ
2012年03月までの分は→ NO3へ
2011年06月までの分は→ NO2へ
2009年12月までの分は→ NO1へ

 


 
冬来る0224(2017.02.24)
 最高気温10.1度、最低気温4.5度、晴れです。気温の割には寒い日です。
 冷えます。予想外に寒い日でした。都府楼の梅は、今も満開です。金星が、西の空高くにギラリとのぼります。南にはシリウスです。冬の盛りです。


 
冬来る0223(2017.02.23)
 最高気温13.3度、最低気温8.9度、曇りです。気温の割には寒い日です。
 周囲のなにやかやが、寒過ぎるのかもしれません。
 皇太子、57歳の誕生日です。


 
冬来る0222(2017.02.22)
 最高気温11.8度、最低気温2.1度、雨です。風も強いです。昨日と今日の、天気のこの変わりようは何でしょう。もっとも、冬最中の2月ですから。
 世界情勢をみると、気の鬱がれることばかりで、「今『終末時計』は急速に進みつつあるのではないだろうか」と案ずることです。しかし、こうまで「人間が粗暴の限りをつくすのなら」それま「やむなし」と、下を向かざるを得ません。
 
米、不法移民取り締まり強化を発表 1100万人ほぼ全員が対象
【AFP=時事】米国土安全保障省(DHS)は21日、不法移民の厳格な取り締まりを開始する新たな命令を出した。正規の滞在許可を持たない外国人1100万人のほぼ全員が適用対象とされている。
 同省のジョン・ケリー(John Kelly)長官が出した2つの覚書では、国境警備と入国管理の担当職員らに対し、未成年者などのわずかな例外を除き、不法移民を発見した場合は速やかに国外退去処分にするよう命じている。
 優先して国外退去させるのはこれまで通り、犯罪行為に及び有罪判決を受けた不法移民だが、今後は刑事事件で訴追された、あるいはその恐れのある者も含まれる。さらに、バラク・オバマ(Barack Obama)前政権が優先度の低い層とみなしていた主に犯罪歴のない人々についても、今後は免除措置が解除されるという。
 同省は、「入国管理法に違反している全員が、国外退去を含む強化措置の対象になり得る」と言明している。ケリー長官はまた、対メキシコ国境での壁建設計画の即時開始と、税関国境警備局(CBP)と移民税関捜査局(ICE)合わせて1万5000人の増員も命じた。
 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は1月20日の就任直後、米メキシコ間国境での壁建設に向けた措置と国内の不法移民取り締まり強化を命じていた。
 移民支援団体は新命令を非難し、訴訟も辞さない構えを示している。【翻訳編集】 AFPBB News


 
冬来る0221(2017.02.21)
 最高気温11.3度、最低気温4.6度、快晴です。日射しはあり、空気も澄んでいますが、冷たさがあります。
 連絡がきていた確定申告にいきました。収入などないのに、市役所から、なぜか確定申告に行くように言われて、この時期は1日を潰すことになります。筑紫野市のイオンモールまで出かけ、戻ってきたのは夕方でした。
 ついでに、イオンモール内でQBカットに寄り、モール内を歩きました。


 
冬来る0220(2017.02.20)
 最高気温14.9度、最低気温8.3度、雨です。日射しは殆どありません。雨の中、郵便局まで送金に行きました。
 前号から同人に加えていただいた誌への、送金です。
 最近の福岡を中心とする各誌の内容には、目を瞠る感じがあります。いずこも、誰も、努力をされているのだなと。どの誌も、作品が充実しています。
 最近、「かかと落とし」ということを実行しています。腹筋や内臓に効き目がありそうです。糖尿病の予防にというより、足腰の鍛錬によさそうです。


 
冬来る0219(2017.02.19)
 最高気温13.6度、最低気温△0.6度、晴れです。日射しは強いのですが、北東の風が強く寒さを感じました。
 夕方の空は珍しく晴れていましたから、輝度の高い金星が照っています。南の空にはシリウスでしょうか。そしてやがて、オリオンが登場します。


 
冬来る0218(2017.02.18)
 最高気温11.2度、最低気温6.4度、晴れです。日射しも強く、また蒲団を干すことができました。今晩あたりから、寒さが戻りそうです。
 金星の輝きが昨日もっとも大になったということで、昨日も今日も都府楼跡から眺めてみましたが、昨日は暑い雲間から少々と、今日は雲の切れ間から顔を出してくれるということでした。しかし、輝きはさすがに強いものを感じました。
 夕方にかかってしまいましたが、都府楼の梅は満開を過ぎたようです。


 
冬来る0217(2017.02.17)
 最高気温18.9度、最低気温11.8度、雨のち晴れです。ときどき日射しもあり、妙に暖かい気温でした。
 鍼に行きました。やたら肩が凝っているとのこと。そういえば、年末辺りから、いろいろのトラブルがあり、緊張もしました。世の移り変わりも激しいものがありました。数十年の歴史が、一気に書き替えられるかのような変化を見せられます。


 
冬来る0216(2017.02.16)
 最高気温16.6度、最低気温1.3度、晴れです。しっかりと日射しもあり、蒲団をしっかり干しました。
 気象台は春一番が吹いた(最大瞬間風速10.00m/s、南南東の風)、と発表しました。歩けば汗ばむほどの気温で、このところの寒さに慣れた身体には、この突然の暖かさにとまどうという感じです。金星も大きく輝いています。
 高梨沙羅選手、終にやりました。W杯通算53勝、歴代最多タイです。

高梨、W杯通算53勝 歴代最多タイ
毎日新聞2017年2月16日 17時29分(最終更新 2月16日 18時32分)
 ノルディックスキージャンプ女子の高梨沙羅(20)=クラレ=が16日、韓国・平昌で行われたワールドカップ(W杯)個人第18戦で優勝し、今季9勝目でW杯通算勝利を53勝として、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が持つW杯ジャンプでの歴代最多に並んだ。


 
冬来る0215(2017.02.15)
 最高気温13.1度、最低気温△1.3度、晴れです。しっかりと日射しもありました。
 内科に歩いて行きました。いつもの薬をもらいました。
 夕方都府楼跡まで歩き、梅が開き、雀たちが歌っているのを見ました。桜の蕾みも、ちゃんと膨らんでいます。この晴天の下、誰もいない都府楼跡でしたが。
 西の空に金星が顔を出します。よく見ると、土星にも逢えるかもしれません。
 米国、北朝鮮、イスラエルが今後の動きにどう絡んでくるか、注目です。
 北朝鮮の方で、早速大きな動きがありました。

毎日新聞2017年2月15日 11時33分
【ソウル】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された事件で、ロイター通信は15日、米政府当局者が北朝鮮の工作員によって暗殺されたとみていると伝えた。マレーシア紙「スター」(電子版)によると、北朝鮮大使館側は遺体の引き渡しを求めているが、マレーシア当局はまず検死を行い、死因の調査に当たるとしている。


 
冬来る0214(2017.02.14)
 最高気温8.9度、最低気温0.9度、晴れです。結構日射しもありました。
 何だか、すごく肩が凝ってきました。痛いくらいです。風邪かも?


 
冬来る0213(2017.02.13)
 最高気温9.9度、最低気温△1.4度、晴れです。午後には結構日射しもありました。
 昨日は風邪などで辛いので22時頃から寝たのですが、それでかえって眠れず、すっきりしないまま起きて、カレンダーを覗くと免許証更新予定となっています。ならばと思い直し、薬院のサンセルコというところまで出かけました。
 受付を済ませると、必要な自己申告事項などを書き、お金を払い、目の検査をし、写真撮影、30分の講習ということで更新を終えました。一度も路上を走ったことのない免許証ですから、ピカピカのゴールドです。


 
冬来る0212(2017.02.12)
 最高気温8.3度、最低気温△0.5度、雪です。午後には薄い日射しもありました。
 寒さが痛いほどで、風邪薬を飲み、半分は寝ていました。セーターを重ね着し、ホッカイロを丹田と背中に貼り、冷えをなんとかなだめようというものです。
 トランプ大統領と安倍総理のゴルフ外交、どう動いていきましょうか。その折も折、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。
 それに、これは昨日の記事にすべきところですが、ニュージーランドの海岸にクジラが400頭も打ち上げられたとか。地球の環境の方も、あちこちで不穏な様を見せていますが、行く末は神のみぞ知るとでもいいたくなります。

打ち上げられたクジラ、サメに追われた? 「人間の鎖」で守る NZ
AFP=時事 2/11(土) 12:49配信
【AFP=時事】10日にゴンドウクジラ416頭が浜辺に打ち上げられているのが見つかったニュージーランド南島(South Island)北西端のゴールデン湾(Golden Bay)では11日、約200頭のゴンドウクジラが新たに打ち上げられるのを防ごうと約150人がサメの脅威をものともせずに海に入って「人間の鎖」をつくる一方、10日に見つかったクジラのうちまだ生きている約100頭を海に戻す懸命の作業が続けられている。
 ニュージーランド環境保全局(DOC)の環境保護監視員マイク・オーグル(Mike Ogle)氏はラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)の取材に対し、クジラはサメを恐れて浅い湾に逃げ込んだ恐れがあると指摘。1頭のクジラの死骸にはかまれた傷が複数あり、ゴールデン湾のフェアウェル岬(Farewell Spit)の沖合はホホジロザメの生息域として知られているとして、「小さい傷だが傷痕は新しく、このあたりに何かがいるはずだ」と述べた。
 強い日差しのため、10日に見つかったクジラのうちまだ生きている約100頭の体を冷やしておくのが困難になってきている。ボランティアの人たちは午前中の満潮を待って沖合に戻すことを計画している。【翻訳編集】 AFPBB News


 
冬来る0211(2017.02.11)
 最高気温5.9度、最低気温△0.7度、雪です。午後には薄い日射しもありました。
 昨日花粉症の治療の番組を少し見たからか、鼻水が止まらなくなり、花粉症を発症したのかと思ったものです。部屋にいても鋭い寒さが襲ってきますから、たいへんでした。午後一時的に6度近くまで上がったものの、殆どの時間は4度にも達しないことだったろうと思います。セーターを重ね着し、ホッカイロを丹田と背中に貼り、身体の芯まで冷えていました。室内で身体を動かしたりと。
 夕方日射しが明るくなったので外に出て見ましたが、静かでした。
 トランプ大統領を訪ねた安部総理は、意気投合したと伝えられていますが、さて。


 
冬来る0210(2017.02.10)
 最高気温4.3度、最低気温△0.1度、雪です。最大瞬間風速16.4m/sです。
 この厳しい寒さは堪えます。空調がなかなか効かないし、風に吹かれると頭の芯が痛くなります。めったにないことですが、鼻水が流れ出します。せっかく加減がよくなりかけた風邪が、またぶり返しそうです。頭が痛く、身体の芯から冷えます。
 今晩から明日にかけ、さらに寒さが増し、降雪も多いとの予報です。水道管の凍結などにも注意するよう、報道がなされています。


 
冬来る0209(2017.02.09)
 最高気温7.1度、最低気温3.5度、曇りです。最大瞬間風速14.2m/sです。
 雲間から13夜の月が顔を見せる都府楼の冷たい風の中を歩いてきたのですが、これは酔狂というものでしょう。冷た過ぎて、無謀でした。おまけに無人でした。
 西の空に大きな黒雲があり、ときどき金星が見え隠れしています。その下に見えるのであろう土星は、黒雲の下なのでしょう。


 
冬来る0208(2017.02.08)
 最高気温11.1度、最低気温3.2度、晴れのち曇りです。
 夕方には雨になり、急に冷え込んできました。強い寒気団がやってくるとのことです。今週末は雪の予報になっています。
 都府楼跡などの梅も、開きかけていた花が閉じたのでしょうか。


 
冬来る0207(2017.02.07)
 最高気温11.8度、最低気温1.7度、晴れのち曇りです。よく晴れていましたが結構寒く、夕方から雲に覆われました。
 庭の紅梅は満開です。子供の記念樹ですが、本人の方はなかなかです。


 
冬来る0206(2017.02.06)
 最高気温10.4度、最低気温3.5度、晴れのち曇りです。
風の強さに驚きました。
 午後3時、上弦の半月が東の空に昇っていました。初めて気付いたのですが、これまで当然のように昇っていたのですね。


 
冬来る0205(2017.02.05)
 最高気温12.2度、最低気温7.4度、晴れのち曇りです。
 少し暖かくなりましたが、夕方から激しい降りになりました。  


 
冬来る0204(2017.02.04)
 最高気温14.9度、最低気温4.0度、晴れのち曇りです。夜には雨との予報です。
 立春です。年が改まりました。昨年はトラブルに悩まされた年でしたが、良い方に改まってくれると嬉しいことです。北の「坎」を逃れただけでもよしとしましょう。
 暦を見ると「今日の一針明日の十針」とありますね。派手なことはなし。ものを生み育てるために、黙々と努力を重ねよということのようです。


 
冬来る0203(2017.02.03)
 最高気温13.0度、最低気温△0.1度、晴れです。
 東の方に歩いてみました。石穴稲荷の下まで行き、引き返しただけです。空気は冷たいのですが、歩いていると暑くなってきます。
波乱の2016年が、ようやく去り行こうとしています。
 しかし、世界の大きな波乱は次々と湧き起こる気配です。米国を中心とした動きから、なかなか目が離せません。
 インフルエンザが、警報レベルを上回ったということです。

医療介護CBニュース 2/3(金)
 インフルエンザの全国の患者報告数が警報レベルを上回った。厚生労働省が3日公表した患者報告では、1月23日から29日までの間に200万人超が医療機関を受診したとみられる。患者が急増している地域の自治体では、手洗いの徹底やマスクの着用に加え、人混みや繁華街への外出を控えるよう呼び掛けている。
 この週の全国の患者報告数(定点医療機関約5000カ所)は、前週比約38%増の定点当たり39.41人で、警報基準値(30.0人)を超えた。全都道府県で前週の報告数を上回った。都道府県別では、宮崎が59.08人で最も多く、以下は福岡(55.1人)、愛知(54.68人)、埼玉(51.68人)、千葉と山口(共に51.4人)、大分(51.12人)、神奈川(49.49人)、静岡(47.4人)、三重(45.58人)、福井(43.56人)、岡山(42.29人)、佐賀(41.92人)、宮城(41.84人)、長野(41.07人)、石川(41.02人)、徳島(40.54人)などの順だった。
 この週に全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より約40万人増の約201万人で、年齢別では5-9歳が約35万人で最も多かった。今シーズン(昨年9月以降)の全国の累計患者数は約748万人となった。ウイルスの検出状況については、直近の5週間ではAH3 亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の順だった。


 
冬来る0202(2017.02.02)
 最高気温10.6度、最低気温△1.1度、晴れときどき曇りです。
 太陽熱が熱過ぎるほど、湧いていました。
 昼間は外に出てみたくて、二日市のカレー店に行ってみました。その前後に野菜屋、コスモスへと寄ってみました。 
 自転車の前、後ろに荷物を積んで帰ってきたので、よい運動になりました。


 
冬来る0201(2017.02.01)
 最高気温9.0度、最低気温4.1度、晴れときどき曇りです。
 ダルイので、早く寝て、昼頃まで寝ていました。これが2月の始まりか、と。
 ぼんやりしています。しょうがないものはしょうがないので、グダグダと。
 普段、たいていのときちゃんと起きて、ちゃんとすべきことをする習わしですが、勝てないものに意地を張ってもしかたがありませんので。
 幸いわけのわからない眠気の方は、改善しつつあるようです。


 
冬来る0131(2017.01.31)
 最高気温11.1度、最低気温3.2度、晴れです。
 昨昼、晩と風邪薬を飲んで横になっていました。まっすぐに座っているのが耐えられなくて。そうしたら、母もインフルエンザだということです。
 何とも間の悪いことで。まあ、しがらみというものはとてもきついものです。


 
冬来る0130(2017.01.30)
 最高気温15.0度、最低気温7.3度、最大瞬間風速13.0m/s曇りです。
 数字ではあまり寒い日ではありませんが、ぞくぞく寒いため、内科に行き、風邪薬をもらいました。その薬を飲むと、眠くて眠くて。
 自転車が漕ぎにくいくらいの風でした。
 風呂の蛇口が腐食したのかぽろり落ちてしまい、専門の方に交換をしてもらいました。シャワーの方も以前から壊れていたので、同時に交換してもらいました。


 
冬来る0129(2017.01.29)
 最高気温15.1度、最低気温4.5度、曇りのち雨です。
 が、気分は相変わらずぐずつき気味です。1月も終わりに近くなりました。本命である七赤が北に入ったこの年は、大荒れでした。年変わりまでもう少しです。
 大荒れには慣れていますが、少々落ち着いてほしいと思うものです。


 
冬来る0128(2017.01.28)
 最高気温14.6度、最低気温0.2度、快晴です。が、気分はぐずつき気味です。
 よく晴れ、除草を少しし、巡回灯油により給油しました。天気は下り坂だという予報です。18時現在は、かなり冷えているようですが。
 免許証更新手続き案内がきました。


 
冬来る0127(2017.01.27)
 最高気温14.6度、最低気温1.4度、曇りときどき雨です。気分は寒いままです。
 世の情勢は「米国第一主義」宣言後、その施策が進められつつあります。「これを言っちゃあお仕舞いよ」という主張や意見が、声高く世間に通っています。メキシコ国境に壁を築くしかり、移民1,100万人の国外退去しかり、聖地エルサレムへの大使館建設等々、極端、過激です。主張する側には「正義」であるのでしょうが、される側には何と映るか考え及ばないのでしょうか。最近の風潮がまさにコレです。
 自己中というこの一見的を射た「勝手な」言葉の裏に、「差別」「除外」「切り捨て」「恨み」「怨嗟」という感情が芽生えはしないでしょうか。果たして、「選ばれたと自称する」者たちだけが栄えて良いのでしょうか。
 私の幼い頃からの夢に、何度も何度も「人類が滅び行く様」が現れました。その故は解りませんが、「人間愚かなるもの」という言葉が聞こえていたようです。
 今の世界各地には、このポピュリズム的な激しい言葉が、溢れています。「終末時計」の針が、30秒進んだということです。

「終末時計」 トランプ氏発言などで前進、60年余ぶり危険水準に
AFP=時事2017/ 1/27(金) 5:07配信
【AFP=時事】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(Bulletin of the Atomic Scientists)」は26日、人類による地球破壊までの残り時間を比喩的に示す「終末時計」が30秒進み、残り2分30秒になったと発表した。ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領による核兵器や気候変動に関する発言が、世界の安全性低下につながる一因になったとしている。
 終末時計が最後に動かされたのは2015年で、その際は終末を示す午前0時までの残り時間が5分から3分に縮められていた。ノーベル賞(Nobel Prize)受賞者15人を含む科学者や識者らの団体が出した声明によると、残り時間が短縮されたのは、「世界規模での露骨なナショナリズム(国家主義)の台頭、トランプ大統領の核兵器および気候問題に関する発言、発展を続ける技術によって暗雲が立ち込める世界の安全保障情勢、科学的専門性に対する軽視の増加」といった懸念があるためだという。
 同誌後援会の理事長を務めるローレンス・クラウス(Lawrence Krauss)氏は、米首都ワシントン(Washington D.C.)にあるナショナル・プレスクラブ(National Press Club)で開いた記者会見で、終末時計が最後にこれよりも午前0時に近づいたのは、ソ連が初の水爆実験を実施し現代の核開発競争を生むきっかけとなった1953年だったと指摘。
 また、核戦力の増強を相次いで示唆したトランプ氏とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領を念頭に、「世界が直面しているとわれわれが考える(人類)存続に対する脅威の認識に、高い地位にある1人または2人の人間の言葉や政策方針がここまで影響力を持つようになったのは初めてだ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


 
冬来る0126(2017.01.26)
 最高気温10.6度、最低気温△1.8度、晴れです。冷えています。最低気温の方は、「最も寒い時期を下回る」です。
 ちょっと気分が寒いときですので、少々堪えました。


 
冬来る0125(2017.01.25)
 最高気温8.9度、最低気温△3.2度、晴れです。冷えています。最低気温の方は、「今年最低」で「最も寒い時期を下回る」です。
 昼間は結構日射しがあり、8.9度まで上がりましたがしっかり冷えていました。
 もう1月も終盤です。まだまだ冬はこれからのようです。ニュースによると、インフルエンザが例年より早く、流行しているとか。


 
冬来る0124(2017.01.24)
 最高気温5.5度、最低気温△2.1度、曇りです。冷えています。「最も寒い時期を下回る」という表記です。最低気温の方は、「今年最低」です。
 小雪も舞いました。太宰府は盆地ですから、冬は寒く、夏は暑いのです。
 夕方黄金街道と名付ける歩き道「太宰府農協→東観世(かなりの坂)→戒壇院」というコースを歩いてみましたが、冷たいですね、芯から。ただ、夕方から日射しが出て、空も青さを見せ、日が沈むのもかなり遅くなりました。
 東観世から下る途中、蝋梅を見事に咲かせた庭があり、しばし眺めました。
 ともあれ、明日も冷えそうな空気でした。


 
冬来る0123(2017.01.23)
 最高気温4.4度、最低気温△0.4度、曇りです。冷えています。「最も寒い時期を下回る」という表記です。
 風邪でしょうか。肩凝りが激しく、喉が痛く、非常に辛いです。
 朝は一面の雪景色。久しぶりです。何とか降りの方は治まったので、洗濯を2回。ええ炊事もうまいものです。
 稀勢の里が横綱審議会から、横綱への推薦を受けました。日本人力士としては、第三代若乃花以来19年ぶりで、第72代の横綱になるのだそうです。正式には、25日の理事会で決定されることになります。
 松方弘樹が亡くなりました。74歳だとのことです。


 
冬来る0122(2017.01.22)
 最高気温6.0度(0時19分)、最低気温3.1度(17時00分)、曇りです。
 冷えてきました。「最も寒い時期を下回る」という表記です。
 起きるのが辛くて、ぐずぐずしていました。鍼をした効果が1日遅れで出てきたのかしらんというほど、身体が重たくてダルイのです。
 さすがに10時前には置き、子供の食事の支度をし、男子都道府県駅伝があったので観、大相撲千秋楽を観ました。
 大相撲は稀勢の里が優勝を決めていましたが、白鵬を破り14勝1敗で初優勝に花を添えました。横綱審議会はこれで横綱に推挙するということです。考えて見れば、ハングリーなモンゴル勢が猛威を振るわなければ、8年前には優賞、横綱という道を歩んでいたのでしょうから、どう考えるかです。この厳しい中を辛抱して勝ち抜いたことの意味が、今後現れてくるのではないでしょううか。
 今場所は、若手の活躍が目に付き、展望を明るくしたと思います。御嶽海、高安、正代などは、今後に夢を繋いでくれました。
 トランプ大統領の就任の方は、国内でも支持率が40%程度ということで、国内が大きく割れています。今どき「アメリカ第一主義」がまかりとおるなら、苦労はしません。他国もいずれ反抗に転じるのではないかと思われますし、いくら大国といえども、このグローバルな世界情勢の中、好き勝手な方向にばかりは行けないのではないでしょうか。ともかく、行き先の見えない状況にあります。


 
冬来る0121(2017.01.21)
 最高気温8.5度、最低気温0.4度、晴れです。気温は、「最も寒い日を下回る」となっていますが、日射しが見られたためか、ずい分暖かく感じました。
 さあ、いよいよトランプ大統領の就任です。「アメリカ第一主義」を掲げ、一方的な主張を高らかに歌っています。
 が、今、世界が協調、共存していかねばならない時期に、ヒステリックとも言うべき保護主義の飛来です。こういう主張が、果たして続けられるものか見ものではありますが、この間に「ドコモココモ保護主義」を唱え始めたらどうするのでしょう。
 何かの宗教団体みたいに、「ワレコソ正義・正当」を唱え、貫くことができるのでしょうか。この麻の如く乱れた世だからこそ生まれた歪みではないでしょうか。

(毎日新聞)
【ワシントン西田進一郎】米共和党のドナルド・トランプ新大統領(70)は20日正午(日本時間21日午前2時)ごろ、連邦議会議事堂前で就任宣誓し、第45代大統領に就任した。実業家出身のトランプ氏は、政治や行政経験、軍歴のない米国史上初の大統領で、1期目としては最高齢だ。共和党は8年ぶりの政権奪還で、任期は2021年までの4年間。2期8年続いたオバマ路線からの転換を掲げ「反既成政治」のうねりを起こして大統領の座を手にしたトランプ氏が、超大国・米国のかじとりを担う。全米で抗議デモが行われ、首都ワシントンで一部が暴徒化し、ショーウインドーを割るなどした。
 トランプ氏は就任演説で、「国を再建する。ワシントンから皆さんに権力を移す」と発言。選挙戦で訴えた「米国第一主義」を進めて、国内雇用の維持・創出や移民問題、社会基盤の修復をすることなどに言及した。また、イスラム過激派の排除を明言。さらに、選挙戦で浮き彫りとなった社会の分断を乗り越えて結束するよう国民に呼びかけた。トランプ氏は、就任初日に複数の大統領令で重要政策を打ち出す予定だ。
 トランプ氏は19日夜、歴代大統領と同様にホワイトハウス前の迎賓館「ブレアハウス」に宿泊。20日は就任に先立ち、オバマ大統領とホワイトハウスで会談した後、就任式会場の議事堂前まで一緒に移動した。
 就任式では、マイク・ペンス新副大統領(57)が就任宣誓した後、トランプ氏がロバーツ連邦最高裁長官の立ち会いの下で宣誓。正午ごろ、子どもの頃に母親から贈られた聖書と、リンカーン元大統領が1861年の最初の就任式で使った聖書に手をかけて、「大統領の職務を誠実に執行する」などと誓った。
 一方、移民やイスラム教徒、女性などへの侮辱発言や排他的な主張を繰り返し、批判を受けると何倍にも批判し返すトランプ氏のスタイルには、賛否が明確に分かれている。就任直前の支持率は歴代大統領就任時より大幅に低い40%台にとどまる。
 就任式への欠席を表明した民主党の下院議員は約60人に上り、就任日前後にはトランプ氏に反発する団体、支持する団体の計約100団体がデモを予定するなど、就任式は異例の雰囲気の中で行われた。英国やフィリピン、日本でも抗議活動が起きた。


 
冬来る0120(2017.01.20)
 最高気温8.8度(3時32分)、最低気温1.7度(14時34分)、風雪です。
 最大瞬間風速16.6m/sと、強い風と雪が吹き付ける日でした。夜になるとさらに風雪が強くなり、気温も下がりそうです。大寒ですから。
 鍼に行ったのですが、風邪具合がひどくなったようです。


 
冬来る0119(2017.01.19)
 最高気温12.3度、最低気温3.7度、晴れたり曇ったりです。
 朝寒くて目覚めたのですが、調べて見ると最低気温は3.7度ですからそれほどでもないですよね。どうやら風邪の方らしく、すっきりしないので、貰っていた風邪薬を続けて飲み、何とか耐えています。
 明日は鍼の日ですから、ものすごい首筋や肩の凝りも、相談できそうです。
 明日はまた、トランプ氏の大統領就任。どんなことがやってくるでしょうか。


 
冬来る0118(2017.01.18)
 最高気温13.6度、最低気温0.4度、晴れたり曇ったりです。
 ハガキを出しに行ったとき以外は、何故か外に出ませんでした。珍しく朝早くに起きたのに、パソコンをONにすると「バッテリーのチェック」というのがいつも出るのを放っていたのですが、今日は時間があるからと油断してONにしたのが運のつき。1台の方は2時間ほどで終わったのですが、もう1台は7時間もかかる始末。結果はいずれも「良好」とのこと。そりゃあそうです、バッテリーなど普段使っていないのですから。それでもパソコンの前を離れられなかったのは、昨年updateに苦しめられたからです。


 
冬来る0117(2017.01.17)
 最高気温11.1度、最低気温△0.1度、晴れたり曇ったりです。
 引き続き寒い日でした。それでもいくらか日射しがあった分、太陽熱が少し温かくなっていました。この時期の太陽熱、有り難いものですね。
 夕方の金星、やけに明るいですね。


 
冬来る0116(2017.01.16)
 最高気温8.8度、最低気温△1.7度、晴れのち雨です。
 最低気温は、「最も寒い時期を下回る」という厳しい冷えでした。昼前に内科に行ったのですが、中途の自転車の身には「差し込んでくる」寒さでした。
 医院の待合室には見事な蝋梅が。医院の庭で育ったということで、受付の女性の方たちが大きな花器に生けていました。この医院は、先生が庭の手入れをよく手掛けられており、前庭の方は鉢物が多いのですが、裏庭に育った蝋梅だそうです。


 
冬来る0115(2017.01.15)
 最高気温5.5度、最低気温△0.9度、晴れです。
 いずれも「最も寒い時期を下回る」という表現で、本当に冷えた日でした。
 中国地方以東は深い雪で、雪に伴う事故やトラブルが多く出ているようです。北陸あたりでは、10日頃から間なしに降り続いているといいます。
 明日も同じような天気で、明後日になりやや弛むとの予報です。
 外を歩いてみましたが、芯から冷えています。しかし、何故か星が綺麗に見えます。オリオンも、北斗七星も大きく輝いて存在を示しています。


 
冬来る0114(2017.01.14)
 最高気温5.9度、最低気温3.1度、曇りのち晴れときどき雪です。
 冷えました。風が強く、ときおり小粒の雪が舞います。歩くと、体温を奪われてしまいそうな寒さです。例年並みの天候だと思いますが、センター試験です。本当にセンター試験を狙うように、寒波がやってきます。
 寒波は、明日、明後日まで居座るとのことです。


 
冬来る0113(2017.01.13)
 最高気温8.8度、最低気温4.3度、晴れのち雨です。
 午前0時が最高気温ということですから、変な日でした。午前中は日射しもあったのですが、17時頃都府楼跡まで歩いたときには、小さな雨に変わりました。
 14日~15日にかけて、大寒波がやってくるとの予報です。
 この2日はセンター試験で、毎年センター試験のときは寒くなるのです。平年並みといえばそういうところですが、比較的暖かい日が続いていただけに堪えます。


 
冬来る0112(2017.01.12)
 最高気温8.8度、最低気温0.7度、曇りのち晴れです。
 1月下旬並みの気温だそうです。冷たい1日でした。
 1月20日の大統領就任に向け、トランプ氏が会見を行いました。内容は以下のようですが、メディア批判をするなど、氏の姿勢は健在のようです。これから何が始まるのか、世界が注目しています。

トランプ節健在、慎重さも=壁建設や過去の放言釈明―記者会見
時事通信 1/12(木) 15:04配信
【ワシントン時事】トランプ次期米大統領は11日の記者会見で、メディアを激しく攻撃したり、就任前にも雇用を創出したとする成果を誇示したりした。
 選挙戦で誇張も交えて対立候補を攻撃し、「私を信じなさい」と断言口調で公約の実現をアピールしたトランプ節は健在だった。一方で、政策や過去の放言をこれまでよりは詳しく説明するという慎重さも見せた。
 トランプ氏が大統領選への出馬当初から訴えてきたメキシコ国境の壁建設は「荒唐無稽」ともいえる政策だった。会見でも壁を早期に造る方針は確認した。ただ、費用をメキシコが負担するという公約については「壁のコストは(メキシコから)返金してもらうだろう」と、後払い交渉の選択肢も示した。
 トランプ氏は昨年8月の選挙集会で、オバマ大統領が過激派組織「イスラム国」(IS)を創設したと言い放ち、厳しく批判された。会見では「この政権がISをつくった」と繰り返したが、イラクからの米軍撤退で生じた治安維持の空白にISが乗じたという解説も加えた。一方、不動産事業と大統領職の利益相反問題では、昨年12月にツイッターで唐突に、大統領在任中は「新たな取引は実行されない」と訴えた。これについて会見に同席した弁護士は「トランプ氏の指示により、新たな取引は厳しく制限する」と説明。大統領職にある間は外国での取引はせず、米国内での取引についても慎重に審査した上で許可すると明らかにした。
 ただ、そもそもメキシコ側は壁建設費用の負担を拒否しており、その交渉にも応じそうにない。利益相反の回避では、トランプ氏の会見直後に政府倫理局のシャウブ局長がシンクタンクの会合で「残念ながら、彼の現在の計画ではその目的は達成できない」と切り捨てている。 


 
冬来る0111(2017.01.11)
 最高気温7.9度、最低気温1.1度、曇りのち晴れです。
 気温は「一番寒い時期を下回る」という意味のわからない表記になっています。最近、くだらないことでパソコン画面を見続けているせいか、目が痛く、焦点がボケています。余計に画面を見詰めるもので、本を読むのも辛くなっています。
 それでも、パソコン画面を見ずにはいられないという、ビョーキですね。
御笠川沿いを歩くと、家鴨が13羽(いやもっとかもしれない)3つの群に別れ、首を竦めていました。冷たい風が吹き抜けていましたから。


 
冬来る0110(2017.01.10)
 最高気温10.5度、最低気温3.7度、晴れです。
 冷たく青い都府楼跡の空の下に、しばらく佇み歩きました。正月も完全に終わりました。暦の上での長い休みも終わりです。
 10日後には米国の政権が変わり、世がどう動くことになるのだろうかという「大変化」が待っているからか、緊張感が続いています。


 
冬来る0109(2017.01.09)
 最高気温11.4度、最低気温8.9度、曇りです。2月下旬並みの気温だそうです。
 成人の日です。つくば市では中途で式が中止になるなど、今年も相変わらず荒れた会場があったということです。
 風が冷たい日でしたし、何か冷え冷えとした空気が漂っています。


 
冬来る0108(2017.01.08)
 最高気温14.0度、最低気温8.3度、雨です。肌寒い日でした。
 2か月近く放っていたので、久しぶりにQBカットに出ました。1,080円です。昼時に掛かったので、WESTうどんに行き、ちょっと張り切ってイカわかめうどんにしました。最近は定番にしています。
 TSUTAYAも久しぶりです。読みたいものもないとただ寄ってきただけですが、竹内久美子の本などに出会い、100円均一の本ばかり17冊買ってしまいました。
 連休の真ん中で人出が多いのだろうと思った天神ですが、この空模様のせいか拍子が抜けるほど閑散としていました。


 
冬来る0107(2017.01.07)
 最高気温12.1度、最低気温1.0度、曇りです。寒い1日でした。
 石穴稲荷神社を詣でました。太宰府市石坂という、私たちが昔住んでいた場所の近くの坂を上っていけば、狭く急な石段を数十段上り、本殿に到着します。着いたときには、参拝客はなし。古くから博多商人が信仰する稲荷社で、九州で言えば祐徳、大根地と並ぶ三大稲荷として、霊験あらたかな稲荷社だとパンフレットに書かれています。
 同じ町内にあったため、数十年前からよく訪れたもので、急坂の傾斜の中に佇んでいますが、お参りすると心が静まる社です。


 
冬来る0106(2017.01.06)
 最高気温12.4度、最低気温6.6度、快晴です。
 この時期にはめったにない好天です。ありたけの蒲団を干しました。
 東観世団地から観世音寺への坂を下ってくると、濃い蝋梅の香りです。真っ青の空には、鮮やかな飛行機雲が走りつつありました。
 この時期(1月8日がピーク)、惑星が直列するそうです。地上の動きも慌ただしく動いていますが、天体の方も規則どおりに動いているようです。


 
冬来る0105(2017.01.05)
 最高気温12.0度、最低気温3.9度、曇りです。
 日射しのない日でした。かといって、照らず、降らずですから、どろりとしています。新年は家を空けていただろう家にも灯りが点り、普段が戻りました。
 暦の上では小寒、寒の入りです。2週間後が大寒、その2週間後が立春です。
 この約1か月のうちに、季節も、気運も大きく動きそうです。
 ニュースでは、「高齢者の定義=65歳からというのを75歳からに変える」ということです。60台の今高齢者と呼ばれるのは潔しとはしませんが、法的制度まで変えられたのでは困ります。しかし、「高齢者」と呼ばれるのが7年先に伸びたというのは、もっともっと高めていかねばならないという今の気分に沿うものです。


 
冬来る0104(2017.01.04)
 最高気温15.5度、最低気温2.1度、快晴です。
 天満宮を参拝しました。三が日の賑わいと違い、多分人出が減ったことと思われますが、それでも多くの参拝客でした。
 お札(伊勢神宮、太宰府天満宮、日吉神社)を求め、旧年のものと入れ替えます。旧年のお札は、境内に設けられた引き取り所へ持参しました。
 ほうじ茶と梅が枝餅が香ばしく美味しい「小山田」へ。ここでは、わかめうどん、親子丼も注文、上品な味のよく通った食事を楽しみました。
 快晴の空に、飛行機雲が二筋、三筋ゆるやかに浮かんでいました。


 
冬来る0103(2017.01.03)
 最高気温14.1度、最低気温4.6度、快晴です。
 都府楼跡には、ちらちらと憩う人たちが見えます。この暖かさで芝も、桜も、梅も芽吹きそうな気配をみせています。
 空は青く、静かです。
 庭先の侘助も、一輪、一輪と咲いては散りゆきます。


 
冬来る0102(2017.01.02)
 最高気温9.6度、最低気温2.7度、曇りときどき雨です。
 ここ数日の好天とは変わり、雲が垂れ、冷たい雨が降ります。
 新聞も休刊、郵便の配達もなしという日ですので、あたりの物音が聞こえません。御笠川沿いを歩いてみましたが、人影も見えず、しんとしています。
 ここ観世音寺界隈では、人類よどこに行った、という感です。
 交通機関は、はやUターンラッシュが始まったということです。


 
冬来る0101(2017.01.01)
 最高気温13.4度、最低気温2.0度、快晴です。
 穏やかで、暖かい元日となりました。天満宮に向かう車の列が続く道路を渡り(観世音寺前の信号は、歩行者がボタンを押せばすぐに変わってくれる、「世界で一番反応の早い信号」と名付けています)、観世音寺境内を裏に抜け、北側の杜の急な石段を登れば、観世音寺地区の鎮守「日吉神社」に辿り着きます。毎年の習いで、一番最初に日吉神社に詣で、次は石段を下り観世音寺、戒壇院と詣でます。
 今日もその足で都府楼まで歩き、少し汗ばみながら戻ってきました。
 全国初詣ランキング10位といわれる太宰府天満宮へは、200万人の参拝客が少し減った頃に詣で、三枚のお札(伊勢神宮、太宰府天満宮、日吉神社)をいただくことにしていますので、今日は天満宮には向かいませんでした。かつて、二日の日に詣でたところ、参道から本殿まで行き着くのに三時間近くかかり、息絶え絶えになったことがありました。また、石穴稲荷神社にも日を改めて詣でることにしています。
 世界が激しく変化しゆく気配が伝えられていますが、今は静かに様子をみるほかないのだろう、と思うばかりです。






 
索 引


2017年

冬来る0101
(2017.01.01)


冬来る0102
(2017.01.02)


冬来る0103
(2017.01.03)


冬来る0104
(2017.01.04)


冬来る0105
(2017.01.05)


冬来る0106
(2017.01.06)


冬来る0107
(2017.01.07)


冬来る0108
(2017.01.08)


冬来る0109
(2017.01.09)


冬来る0110
(2017.01.10)


冬来る0111
(2017.01.11)


冬来る0112
(2017.01.12)


冬来る0113
(2017.01.13)


冬来る0114
(2017.01.14)


冬来る0115
(2017.01.15)


冬来る0116
(2017.01.16)


冬来る0117
(2017.01.17)


冬来る0118
(2017.01.18)


冬来る0119
(2017.01.19)


冬来る0120
(2017.01.20)


冬来る0121
(2017.01.21)


冬来る0122
(2017.01.22)


冬来る0123
(2017.01.23)


冬来る0124
(2017.01.24)


冬来る0125
(2017.01.25)


冬来る0126
(2017.01.26)


冬来る0127
(2017.01.27)


冬来る0128
(2017.01.28)


冬来る0129
(2017.01.29)


冬来る0130
(2017.01.30)


冬来る0131
(2017.01.31)


冬来る0201
(2017.02.01)


冬来る0202
(2017.02.02)


冬来る0203
(2017.02.03)


冬来る0204
(2017.02.04)


冬来る0205
(2017.02.05)


冬来る0206
(2017.02.06)


冬来る0207
(2017.02.07)


冬来る0208
(2017.02.08)


冬来る0209
(2017.02.09)


冬来る0210
(2017.02.10)


冬来る0211
(2017.02.11)


冬来る0212
(2017.02.12)


冬来る0213
(2017.02.13)


冬来る0214
(2017.02.14)


冬来る0215
(2017.02.15)


冬来る0216
(2017.02.16)


冬来る0217
(2017.02.17)


冬来る0218
(2017.02.18)


冬来る0219
(2017.02.19)


冬来る0220
(2017.02.20)


冬来る0221
(2017.02.21)


冬来る0222
(2017.02.22)


冬来る0223
(2017.02.23)


冬来る0224
(2017.02.24)


































































































































































































































































































































































































































































































































 

サイトポリシーへ


inserted by FC2 system